New! マレーシア・ペナン島での短期グローバルエンジニア養成プログラム始動!

Facebook にシェア
LINEで送る

この度、マレーシア・ペナン島での短期グローバルエンジニア養成プログラムが新たにスタートします。

このプログラムは、英語を苦手と感じる方々が、英語や海外を身近に感じグローバル人材となるためのファーストステップ研修です。(英語力不問!)

 「英語授業」+「理工学系 大学授業」+「企業訪問」= グローバルエンジニア

画像3

プログラム概要はこちら

※プログラムは18歳以上の学生を対象としていますが、法人研修事業部では、(例えば20代の若手社員向けに)下記のプログラムを組み合わせるなど、柔軟にカスタマイズが可能です。(エンジニア以外も方もご活用頂けます。)

<組み合わせ可能なプログラム>

  • 出発前の英語&マインドセット研修
  • 英語研修(2週間~)
  • インターンシップ(4週間~)

「詳しい話を聞きたい」、「より年齢層の上の研修プランを提示して欲しい」などのご要望がありましたら、下記よりお問い合わせ下さい。折り返しご回答差し上げます。

https://ssl.iccworld.jp/form/request/input/corporate/

28.5マレーシア昼街

SONY DSC

ところで、なぜ今マレーシアなのでしょうか?

企業が求めるグローバル人材(英語力 X 考動力 X 異文化適応力)を東南アジアの中心の一つ、マレーシアで身につける魅力はなんといっても、欧米留学と同じようにクオリティの高い環境で英語が学べるのにコストが半額!という事にあります。ここで、今回はマレーシアで研修するメリットをもう少し詳しくご案内します。

マレーシア研修の特徴は大きくわけて5つあります。

特徴1: リーズナブルな授業料&生活費! マレーシアでは滞在費・食費や授業料が、欧米に比べると約2分の1から3分の1で済みます。例えば、マレーシア・クアラルンプールの交通費とイギリス・ロンドンの交通費を比べると・・・・

  • 【クアラルンプール 交通費】  電車: 0.7~2.8RM (20円~75円)、モノレール :1.2~2.5RM(32円~65円)、タクシー 初乗り2km: 3RM(約80円)
  • 【ロンドン 交通費】バス1回 £1.5 (約240円)、地下鉄 £2.4〜(約380円〜)、タクシー 1.6Km £ 5.6~(約900円~)

つまり、同じ費用で欧米の2倍以上の期間&充実した研修を受講することが可能になります。

特徴2: 欧米留学と同じクオリティの環境で英語が学べる! マレーシアは英語が一般に通用する英語圏。またダブル・ディグリー制などアメリカ、イギリス、オーストラリアに母校を持つ、欧米系の大学や英語語学学校が盛んで、そういった学校では本国と同じ英語学習カリキュラムで、さらに、学校のノウハウや欧米ならではの学生参加型の授業などの雰囲気も同じです。また国を挙げて留学生を歓迎しているため、質の高い教育機会が広く留学生に対しても開かれています。

特徴3:  経済発展が著しい!熱気あるグローバリゼーションに触れる! 2020年に新興国入りを目標に掲げ、高度成長を続けるマレーシア。成熟社会の日本にいては体験できない、熱気あるグローバリゼーションの環境の中で学ぶ事の意義は計り知れません!

特徴4: 多様性を学ぶ!アジアに精通する! マレーシアはマレー系(約67%)、中国系(約25%)、インド系(約7%)、その他多くの先住民族からなる多民族国家。それぞれの民族が独自の文化や宗教、言語を堅持しつつも、多民族を許容しあう「寛容性」、「多様性」がマレーシア最大の強みです。研修生がどんな文化的背景を持つ人とも臆せずコミュニケーションがとれる、真の意味での国際感覚を身につける環境があります。

特徴5: 安定した政治&治安◎ 現在、政府が推進する「ひとつのマレーシア」というスローガンのもと、民族や宗教の違いを乗り越えた国民一丸となった取り組みがなされているマレーシア。また、非常に温厚で笑顔あふれる人が多く、インフラも他のアジア諸国に比べると整っているため、外国人にとっても非常に住みやすい国です。実際に、2015年の世界平和度指数ランキング(イギリスのエコノミスト紙が分析)では、マレーシアはアジアで4番目の治安の良さを誇ります。

7位 カナダ、8位 日本9位 オーストラリア

24位 シンガポール、28位 マレーシア46位 インドネシア

94位 U.S.A、141位 フィリピン、143位 インド、124位中国 

シンガポールのように物価が高くなく、フィリピンのような治安に対する不安を感じずに、熱気あるアジアの経済成長の波に触れられる。そんなバランスの良さがマレーシア海外研修が注目される所以ですね。

マレーシアでの海外研修に関心がある方は、是非ご検討ください。

https://ssl.iccworld.jp/form/request/input/corporate/