グローバルリーダー育成のための短期海外研修 (2週間研修 in シアトル) Part 2

Facebook にシェア
LINEで送る

2017年9月17日〜9月30日に「自社商材にイノベーションを起こす」をテーマに行われた、シアトルイノベーション研修。新ビジネスプラン発表などを実施した最終週(2週目)の様子についてご紹介していきます!

本研修の詳細および1週目の様子はこちらから!

 

2018年も秋頃に開催予定です!

本研修のお申し込みやご質問について、

メールでのお問い合わせは⇒こちら
電話でのお問い合わせは⇒03-6434-1315 (営業時間 10:00-18:30 月〜金)


2週目

午前中(月曜日〜金曜日)

1週目とは変わって、自己紹介やプレゼンテーションにおいてとても重要な「伝える」に特化した講義形式の授業を受けました。また、参加者の要望に応え、語学学校も気合いを入れて多めの宿題を課すなど、「とても濃密な英語研修でした」と大変満足されていました。

月曜日(午後)

語学学校のフィールドトリップとして、レベンワースというドイツ村へ行き、様々な国の留学生と異文化交流を図りました。

火曜日(午後)

この日は、現地スタッフのネットワークにより、参加者の同業種で世界的に有名なグローバル企業に勤めていた方との交流セッションを急遽設け、新しい視点やアイディアを得る機会としました。

その後は、実践的な英語力向上を目的としたミッションとして、検索から参加申込まで参加者自身で行い、Meet-upに参加しました。スタートアップ企業の多いシアトルらしい「エコシステム」についてのMeet-upへ参加した参加者からは「現地ビジネスパーソンの熱量を体感しました」との声があり、またネイティブスピーカーと交流するために必要な英語力や自身の課題を知る良い機会にもなったかと思います。

水曜日(午後)&木曜日(午後)

この日は、1週目の金曜日に続き、2回目の尾中氏によるプレゼンテーションに対する指導を受け、さらに翌日も含めて、より効果的かつ伝わりやすい最終日のプレゼンテーション発表に向け、準備を進めました。

 

 

 

 

 

金曜日(午後)

この日は、とうとう最終プレゼンテーションの日。

参加者は、自社で提供している「Webプラットフォームサービス」と研修で学んだ「シェアリングエコノミー」を合わせた新しいビジネスプランを発表し、まさに本研修のテーマである「自社の商材にイノベーションを起こす」に沿った素晴らしい発表でした。また、オーディエンスからは、プレゼン内容やプレゼンの仕方についてまで、今後に活きる様々なフィードバックが挙がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


〜本研修参加者からはこんな声を頂きました!〜
  • 非常に内容の濃い2週間であり、終わってみればあっという間でした。また現状のペースのまま仕事を続けていくことに対する危機感を感じました。」
  • 「英語力はもちろんのこと、自分の仕事に対する意識面での変化はとても役に立つと思います。」
  • アメリカの企業文化と日本の企業文化の違いを肌で感じることができ、新鮮でした。また、シアトルでのトレンドを掴むうえでも、非常に有意義な企業訪問だったと思います。」

 

シアトルイノベーション研修は、新たな考え方やグローバルな視点を得ることで、社内外にイノベーションを起こせるようになるために最適な研修です。

 

2018年も秋頃に開催予定です!

本研修のお申し込みやご質問について、

メールでのお問い合わせは⇒こちら
電話でのお問い合わせは⇒03-6434-1315 (営業時間 10:00-18:30 月〜金)

※ 3名以上のお申し込みであれば、開講時期や貴社の業種に合わせた視察企業先のカスタマイズも可能ですので、是非ご検討下さい!