【無料体験】ICCグローバル コミュニケーションセミナーのご紹介

Facebook にシェア
LINEで送る

特別開催決定!
【無料体験】
ICCグローバル
コミュニケーションセミナー

2018年度より国内 企業研修のご提供を開始することとなり、それに先駆けて人材育成ご担当者様を対象に無料体験セミナーを開催することとなりました。

今回は無料体験セミナーのご紹介をさせて頂きます。

本研修はコミュニケーション力を構成する
非言語(ノンバーバル)コミュニケーションスキルと自信を持つためのスキルを習得することで、世界で通用するビジネス コミュニケーターへ導くことを目的としています。

 

<本研修の3つの特徴>
1、非言語(ノンバーバル)コミュニケーションについての講義

コミュニケーションの65%以上はノンバーバル(非言語)で構成されています。
講義の中ではそもそも「コミュニケーションとは何か?」この概念についてまず案内をし、コミュニケーションの中で、多くを占めている表情や視線、立ち居ふるまい等のノンバーバル(非言語)な要素が相手にどのような印象を与えるかについてグローバルなビジネスの経験を積んできた講師より「グローバルコミュニケーション」「世界基準から見た時の日本人の特徴」という観点で講義します。

日本語での講義となる為、語学力に自信がなくともご参加頂ける内容となっています。(有料講義は日英両言語 対応可能です。)

 

2、独自の手法を使った自己分析

講義の中では、ビデオ、スマートフォン、アプリケーション等を利用し、自身の無自覚の行動やそれが相手に与える印象等を分析します。

カナダ、ゲルフ大学にて英語学、言語学の取得している担当講師は、これまで100を超える講義及びワークショップを提供し、高い評価を受けています。
ビデオ等を用いて客観視することでより具体的に自身の行動を分析・自覚し、強く意識付けると言う点で、他のコミュニケーション研修とは一選を画す内容となっております。

 

3、日英両言語を扱い、グローバルビジネスに精通しているという強み

本研修を担当するのはカナダ出身のスティーブ氏。
世界6カ国でのビジネス経験があり、オックスフォード出版の韓国、台湾の支社長を経験しています。社長時代には総勢約2000名を超えるスタッフトレーニングを自ら実施しており、現在は経営者として株式会社Trans Pacを経営。
英語教育とコーポレートトレーニングを専門に、全世界の大手企業をクライアントに持ちながら活躍しています。英語はもちろんのこと日本語堪能な、世界を舞台に活躍してきた講師だからこそできるグローバルな視点でのコミュニケーション研修を是非まずは無料セミナーでお試し下さい。(無料セミナーは日本語での実施)

 

 

 

 

 

研修を担当するスティーブ氏

 

講義内容:
グローバルコミュニケーションスキルと自信を持つためのスキルの学習と習得

・ノンバーバル(非言語)コミュニケーションについての講義

Knowledge(知識)「コミュニケーション知識習得」
Skills(スキル)「グループワーク、ワークショップ」
Attitude(態度)「ビデオを利用した検証」
Awareness(自覚)「自己評価シートを用いた自己査定」

<トピック>

・コミュニケーションとは何か?
・自信とは何か?自信の持ち方ついて
・パーソナルスペース、視線、姿勢の取り方について
・ポジティブな姿勢とネガティブな姿勢について 等

本研修受講対象者:

□ビジネスコミュニケーションスキルを向上させたい方
□コミュニケーションスキルに自信がない方、課題・改善点を知りたい方
□これからリーダーになる方、リーダーになることを期待されている方
□海外駐在予定者、外国人スタッフと働く予定のある方

本研修受講後の到達レベル:
世界で活躍できるパワフル コミュニケーターの養成

□ビジネス場面でのコミュニケーションが一歩リードできるようになる
□コミュニケーション力を向上させる為の自身の課題・改善点が明らかになる
□自身の意見を自信と説得力を持って伝えられるようになる
□外国人スタッフとも萎縮せず、積極的にコミュニケーションがとれるようになる

 

特設サイト近日公開予定!
無料体験セミナーは今回限り!
講師はカナダ在住にて本セミナーの為に来日予定のため、
この機会をお見逃しなく!

 

▼無料体験セミナー実施詳細
日時:2月7日(水) 14:00〜
場所:ICC東京(恵比寿)オフィス Aルーム
定員:最大15名
※1月5日より受付開始〜 定員に達し次第締切
予約方法:
●お電話でのご予約
TEL: 03-6434-1315
担当: 法人研修事業部 芦澤(あしざわ)
インターネットからのご予約
https://ssl.iccworld.jp/form/request/input/corporate/
問合せフォームより、その他をご選択頂き、
問合せ内容に無料セミナー参加の旨をご入力下さい。

企業向け国内英語研修をお考えですか?

Facebook にシェア
LINEで送る

 

 

企業向け国内研修には「ICCアカデミー」がオススメです

弊社が運営しているICCアカデミーは、高い英語力が求められる海外の大学、大学院、高校進学へ向けて、着実にそして確実に英語力を上げることを目的として設立されました。

そのICCアカデミーだからこそ法人様への真に質の高い国内英語研修をご提供する事が可能なのです!

 

今回は、なぜICCアカデミーが真に質の高い国内英語研修が提供できるのか、その理由とこれまでの法人実績についてご紹介していきます!

 

ICCアカデミーを選ぶべき5つの理由
  1. 平均講師歴17年のベテラン講師のみ
  2. 日本での講師経験が豊富で日本人が苦手とする分野や間違い易い箇所を熟知
  3. TOEICやIELTSなどの公式テスト対策から日常英会話、ビジネス英語、IT英語などの専門英語など幅広いカリキュラムの提供が可能
  4. 社内(講師派遣)、オンラインレッスン、通学など受講方法が選べる
  5. 「聞く・話す・書く・読む」の4技能を測るレベルチェックテストの受験が随時可能

 

 

 

 

 

Steve Hamade(Academic Director:校長)

カナダ・トロント出身の日系2世。ウエスターンオンタリオ大学卒業。 真の英語力と高いコミュニケーションスキルを兼ね備えた、グローバルに活躍する日本人を育てたいとの思いから、ICCアカデミーの設立に参画。カリキュラム策定、講師の選抜・教育などを担当。 自身も日本語と英語のバイリンガルで、日本人にとっての英語習得の難しさとコツを熟知している。自身の異文化体験に基づくきめ細かく、的確な指導は多くの研修生から絶大な支持を得ている。

ICCアカデミーの講師はこちらからご確認頂けます!

 

↓企業向け英語研修(国内・オンライン)の実績の一部ご紹介↓

—————————————————————————————————————————

講師派遣型

 

〜社内でカスタマイズ国内英語研修〜
A社(IT業界) 【TOEIC対策+IT英語】
  • 目的:英語を業務で活用してビジネスチャンスを開拓できる人材の育成
  • 対象社員:国内勤務の社員
  • 内容:事前のレベル分けテストにより、初級者と中級者に分け、初級者は「TOEIC対策」、中級者は「IT英語」について社内会議室において英語研修実施
  • 効果:TOEIC対策では、最大120点の得点向上、中級では、「IT業界で働く上で役に立つ研修」と高い満足度

 

 

マンツーマンレッスン(オンライン)

 

〜海外研修中のオンラインレッスン〜
B社(自動車関連) 【TOEIC対策+ビジネス英語】
  • 目的:海外研修プログラムの経営学コース受講規定(TOEIC755点以上)を満たす
  • 対象社員:海外研修中の社員
  • 内容:模擬テストを定期的に実施し、苦手としている部分に特化したTOEIC対策をメインに、ビジネス英語と併せて英語研修実施
  • 効果:TOEIC510点(研修前)→790点(4ヶ月後)

 

〜海外研修前のオンラインレッスン〜
C社(建設機械メーカー) 【IELTS対策】
  • 目的:弊社独自の海外研修プログラム(IBPプログラム*)への参加規定IELTS5.5以上の取得
  • 対象者:海外研修前の社員
  • 内容:IELTSの中で特に伸びにくいとされているスピーキング・ライティングをメインとして英語研修実施
  • 効果:IELTS4.0〜4.5(初回模擬テスト)→IELST5.5(2ヶ月後)

*IBPプログラムは、米豪の名門大学で英語、ビジネストレーニング、学部授業を9ヶ月受講した後に、現地企業で約3ヶ月インターンシップをする弊社独自のプログラム。各大学によって参加規定は異なる。

 

 

マンツーマンレッスン(通学)

 

〜海外赴任前のマインドセット+ビジネス英語研修〜
D社(ITサービス) 【マインドセット研修+ビジネス英語】
  • 目的:海外赴任前に、現地社員やクライアントに対する英語コミュニケーション力の向上および海外で働くためのマインドセット
  • 対象者:海外赴任前の社員
  • 内容:海外で働くために必要な心構えについてのマインドセット研修および職場で使えるビジネス英語について英語研修実施
  • 効果:海外で働くということの具体的なイメージを持った上で、自身の英語力不足について赴任前の気づきの機会と継続して英語学習を続けていくという動機付けに

 

〜海外研修前の準備研修〜
E社(ITサービス) 【日常英会話+苦手意識改善】
  • 目的:海外研修をより効果的にするため英語力の総合的な向上
  • 対象者:海外研修前の社員
  • 内容:日常会話をメインに総合的な英語力の向上を目指し、アウトプットの機会を多く設けることで英語でのコミュニケーションに対する苦手意識の克服
  • 効果:レッスンの回数を重ねるごとに、積極的にコミュニケーションをとる姿勢になり、文法などの正確性も向上

 

—————————————————————————————————————————

いかがでしたでしょうか?ご紹介した実績は一部ですので、この他にも貴社の研修目的などに併せて様々な国内英語研修のご提案が可能です。

詳しくはこちらからお問い合わせ下さい!(担当者:法人研修事業部 市村・芦澤まで)

電話でのお問い合わせは⇒03-6434-1315 (営業時間 10:00-18:30 月〜金)

 

こちらのWebサイトにてICCアカデミーの詳細をご確認頂けます!

グローバルリーダー育成のための短期海外研修 (2週間研修 in シアトル) Part 1

Facebook にシェア
LINEで送る

シアトルイノベーション研修とは?

本研修は、イノベーションが日々生まれる米国シアトルにおいて、能動的かつ実践的に「違った視点や考え方」を得ることで、社内外にイノベーションを起こすグローバルリーダーを育成することを目的とした研修です。

  • 現地ファシリテーター:尾中 泰 氏
  • 研修期間:2週間
  • 研修場所:シアトル
  • 滞在先:ホームステイ
  • 本研修の1日の流れ:


午前:実践型英語レッスン(街頭インタビュー、プレゼンテーションスキルなど)

午後:日によって異なる多彩な研修項目

  • 米国におけるイノベーションの「今」などについての講義
  • ミッション挑戦(現地セミナー/Meet-upへの参加など)
  • 企業訪問・ディスカッション
  • 「効果的に伝える」を目指したプレゼンテーション指導
  • 新ビジネスプラン作成・発表(最終プレゼンテーション)

 

〜現地ファシリテーター尾中氏のご紹介〜

Dellの極東進出時のスタートアップ・メンバー、現在は日本企業の米国進出を支援する会社、EnLinx Partnersを起業し、ビジネス・コンサルタントとして活躍。

 

研修対象者は?

貴社にこのような方いらっしゃいませんか?

  • 広い視野を持ちグローバルに活躍を期待される若手リーダー
  • 革新的なアイディアでイノベーション起こすことを期待される若手リーダー

 

本研修で得られる効果・成果は?

効果:

  • 地球を俯瞰する力
  • 近未来のイノベーションを描く力
  • 海外で交渉し、提案出来る力

成果:

  • 自社商材×イノベーション=新しいビジネスプラン(最終プレゼンテーション)

 

2018年も秋頃に開催予定です!

本研修のお申し込みやご質問について、

メールでのお問い合わせは⇒こちら
電話でのお問い合わせは⇒03-6434-1315 (営業時間 10:00-18:30 月〜金)

 

ここからは、2017年9月17日〜9月30日に「自社商材にイノベーションを起こす」をテーマに行われた、本研修の様子についてご紹介していきます!


1週目

午前中(月曜日〜金曜日)

実践的な英語力の向上を目的に、語学学校の協力のもと市場調査も兼ねた街頭インタビューの準備と実施をしました。

月曜日(午後)

ファシリテーターである尾中氏により「シアトルにおけるイノベーションの今」「日本企業と米国企業の違い」、「世界で戦える人材とは」などのテーマについての講義を受けました。

また、その後は、初日のプレゼンテーションとして渡航前に準備をしていた「自社紹介」、「イノベーションという観点からみた自社課題」などの発表を行い、尾中氏によるフィードバックにより、早速どのようなイノベーションを起こせるのかについて、ディスカッションを行いました。

 

 

 

 

 

火曜日(午後)

前日の尾中氏による講義内容およびプレゼンテーション後のフィードバックをもとに、最終日のプレゼンテーション(新ビジネスプラン)発表に向けて、ドラフトの作成に取りかかりました。

水曜日(午後)

米国で成功している日系企業に訪問しました。社長自らのご講演や交流セッションを通して、「アメリカでビジネスをする際に必要なマインド」、「グローバルに戦うために何が必要か」、「イノベーションを生み出す土壌にあるのは何か」など学びの多い貴重な機会となりました。

木曜日(午後)

イノベーションが生まれる現場視察として、入居企業の規模がどんどん大きくなり勢いのあるCo-working Spaceを訪問し、担当者の方と交流セッションを持ちました。参加者からは、そのスピード感あふれる現状を目の当たりにして、「カルチャーショックでした!」との声もありました。

金曜日(午後)

最終日には新しいビジネスプランとして、英語でのプレゼンテーションが控えています。そのため、この日は米国でのビジネス歴が長い尾中氏により、より効果的に伝えるためにはどうするべきかなどについての指導を受けました。

 

新ビジネスプラン発表など2週目の様子はこちらから!

 


〜本研修参加者からはこんな声を頂きました!〜
  • 非常に内容の濃い2週間であり、終わってみればあっという間でした。また現状のペースのまま仕事を続けていくことに対する危機感を感じました。」
  • 「英語力はもちろんのこと、自分の仕事に対する意識面での変化はとても役に立つと思います。」
  • アメリカの企業文化と日本の企業文化の違いを肌で感じることができ、新鮮でした。また、シアトルでのトレンドを掴むうえでも、非常に有意義な企業訪問だったと思います。」

 

シアトルイノベーション研修は、新たな考え方やグローバルな視点を得ることで、社内外にイノベーションを起こせるようになるために最適な研修です。

 

2018年も秋頃に開催予定です!

本研修のお申し込みやご質問について、

メールでのお問い合わせは⇒こちら
電話でのお問い合わせは⇒03-6434-1315 (営業時間 10:00-18:30 月〜金)

※ 3名以上のお申し込みであれば、開講時期や貴社の業種に合わせた視察企業先のカスタマイズも可能ですので、是非ご検討下さい!

グローバルリーダー育成のための短期海外研修 (2週間研修 in シアトル) Part 2

Facebook にシェア
LINEで送る

2017年9月17日〜9月30日に「自社商材にイノベーションを起こす」をテーマに行われた、シアトルイノベーション研修。新ビジネスプラン発表などを実施した最終週(2週目)の様子についてご紹介していきます!

本研修の詳細および1週目の様子はこちらから!

 

2018年も秋頃に開催予定です!

本研修のお申し込みやご質問について、

メールでのお問い合わせは⇒こちら
電話でのお問い合わせは⇒03-6434-1315 (営業時間 10:00-18:30 月〜金)


2週目

午前中(月曜日〜金曜日)

1週目とは変わって、自己紹介やプレゼンテーションにおいてとても重要な「伝える」に特化した講義形式の授業を受けました。また、参加者の要望に応え、語学学校も気合いを入れて多めの宿題を課すなど、「とても濃密な英語研修でした」と大変満足されていました。

月曜日(午後)

語学学校のフィールドトリップとして、レベンワースというドイツ村へ行き、様々な国の留学生と異文化交流を図りました。

火曜日(午後)

この日は、現地スタッフのネットワークにより、参加者の同業種で世界的に有名なグローバル企業に勤めていた方との交流セッションを急遽設け、新しい視点やアイディアを得る機会としました。

その後は、実践的な英語力向上を目的としたミッションとして、検索から参加申込まで参加者自身で行い、Meet-upに参加しました。スタートアップ企業の多いシアトルらしい「エコシステム」についてのMeet-upへ参加した参加者からは「現地ビジネスパーソンの熱量を体感しました」との声があり、またネイティブスピーカーと交流するために必要な英語力や自身の課題を知る良い機会にもなったかと思います。

水曜日(午後)&木曜日(午後)

この日は、1週目の金曜日に続き、2回目の尾中氏によるプレゼンテーションに対する指導を受け、さらに翌日も含めて、より効果的かつ伝わりやすい最終日のプレゼンテーション発表に向け、準備を進めました。

 

 

 

 

 

金曜日(午後)

この日は、とうとう最終プレゼンテーションの日。

参加者は、自社で提供している「Webプラットフォームサービス」と研修で学んだ「シェアリングエコノミー」を合わせた新しいビジネスプランを発表し、まさに本研修のテーマである「自社の商材にイノベーションを起こす」に沿った素晴らしい発表でした。また、オーディエンスからは、プレゼン内容やプレゼンの仕方についてまで、今後に活きる様々なフィードバックが挙がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


〜本研修参加者からはこんな声を頂きました!〜
  • 非常に内容の濃い2週間であり、終わってみればあっという間でした。また現状のペースのまま仕事を続けていくことに対する危機感を感じました。」
  • 「英語力はもちろんのこと、自分の仕事に対する意識面での変化はとても役に立つと思います。」
  • アメリカの企業文化と日本の企業文化の違いを肌で感じることができ、新鮮でした。また、シアトルでのトレンドを掴むうえでも、非常に有意義な企業訪問だったと思います。」

 

シアトルイノベーション研修は、新たな考え方やグローバルな視点を得ることで、社内外にイノベーションを起こせるようになるために最適な研修です。

 

2018年も秋頃に開催予定です!

本研修のお申し込みやご質問について、

メールでのお問い合わせは⇒こちら
電話でのお問い合わせは⇒03-6434-1315 (営業時間 10:00-18:30 月〜金)

※ 3名以上のお申し込みであれば、開講時期や貴社の業種に合わせた視察企業先のカスタマイズも可能ですので、是非ご検討下さい!

留学アセスメントテスト導入いたしました!

Facebook にシェア
LINEで送る

 留学アセスメントテスト導入

〜研修効果を可視化する〜

 

海外研修を実施して終わりにしていませんか?
この機会にその研修の効果を可視化してみましょう!

 


2017年12月31日までに海外研修をお申し込み頂いた法人様には、研修者お一人様につき研修前後で1回ずつの計2回留学アセスメントテストが無料で受験できます。


 

  • 海外研修実施になぜ留学アセスメントテストが必要なのか

    ‍ この度弊社は、留学アセスメントテストという海外研修に特化したアセスメントテストを導入いたしました。

     企業としてコストの掛かる海外研修を実施して完了とするのではなく、海外研修前後で研修者の行動特性や能力がどのように変化をしたのかを診断することで、研修効果を可視化できる上、その後のグローバルに活躍するための強みや課題を予め知ることが出来ます。

 

  • 企業・研修者にとっての留学アセスメントテスト実施の利点

    〜本アセスメントテストを実施することで得られる2つの利点〜

    1) 研修効果を上げる動機付け

    研修前に受験することで、研修者が海外で活躍する上での強みや改善が必要となる部分などを事前に知ることができるため、研修を通してこれらの課題を改善する行動、つまり研修の効果を上げる行動を意識的に行うための動機付けになる

    2) 研修の効果測定

    研修前と研修後の結果の比較により、その海外研修が研修者の行動特性やグローバルに活躍するための能力にどのような変化(効果)をもたらしたのかをレポートによって可視化(効果測定)することが出来る。さらに、このレポートは、その後の海外業務に従事する上で、自身の強みを活かし、課題を改善するための指標となる。

 

  • どのような項目について診断が可能なのか

    〜本アセスメントテストでの診断項目〜

    その人の「考え方,感じ方」として現れる一連の行動についての特性:

    1)行動特性

    グローバルに必要な4つの力:

    1)コミュニケーション力
    2)問題解決力
    3)グローバルで活躍するための姿勢
    4)海外の授業で求められる行動

    新しい環境への適応性:

    1)初対面の人との関係を悪化させるマイナス行動の有無とその程度
    2)ストレス状態およびストレス耐性

 


テスト概要

形式: オンラインテスト(PC,スマートフォンから受験できます)
内容: 性格や行動にまつわる4つの選択肢について、自身が最も当てはまる順に並び替えるという簡単な内容です
所要時間: 約20~25分
結果:レポートデータをPDFファイルにて送信いたします
費用:2017年12月31日までに海外研修をお申し込み頂いた法人様は研修者1名様‍ ‎‌につき2回分を無料で提供いたします。


 

留学アセスメントテスト・研修について
メールでのお問い合わせは⇒こちら
電話でのお問い合わせは⇒03-6434-1315 (営業時間 10:00-18:30 月〜金)

外国人インターン生を日本の職場に迎える。ICCの「Internship in Japan」

Facebook にシェア
LINEで送る

海外に社員を派遣するのもグローバル人材育成のひとつですが、外国人のインターン生を国内で受け入れて、会社にグローバルな環境を作る
という方法もあります。

ICC国際交流委員会では、外国人インターン生を受け入れたい企業様と、
日本で就労経験を積みたい外国人の方々とをマッチングするプログラム
「Internship in Japan」を2012年より実施しており、これまで250名以上の外国人の方々に参加いただいております。

過去インターン生を受け入れた企業様から、以下のような声をいただいております。

・ 社員の英語に対する意識、グローバルマインドが向上した
・ 斬新なアイデアが生まれた
・ 海外への進出を本格化させるきっかけになった

また、Internship in JAPANのインターン生受け入れのメリットについて、以下詳しくご紹介します。

【ICCの外国人インターン生を受け入れる5つのメリット】
① 受け入れ費用無料
② 受け入れ企業様からのビザサポート不要
③ 受け入れ企業様の要望に沿った人材をご紹介
④ フルタイム勤務(週40時間)
⑤ 無給

メリット①: 受け入れ費用無料
 このプログラムは、インターン参加者に、参加費用をいただき実施しています。従ってインターン生を受け入れていただく企業様の受け入れ費用は無料!
ICCがインターン生のカウンセリング、滞在先、保険等の手配を行い、インターン生に対する24時間体制のサポートを行うため、受け入れ企業様は時間やコストをかけず、優秀な外国人インターン生を受け入れることが可能となっています。

メリット②: 受け入れ企業様からのビザサポート不要
 外国人就労者を迎えるにあたり、一番の壁はビザのサポート。このプログラムは、ワーキングホリデーや学生ビザ、ビザ免除プログラムで渡航される方を対象にしていますので、受け入れ企業様にビザのサポートをしていただく必要はありません。

メリット③: 受け入れ企業様の要望に沿った人材をご紹介
 受け入れのご希望をいただきましたら、どんな人材を企業様が求められているか、細かくヒアリングをさせて頂きます。同じくインターン参加希望者にも、どんなところでインターンシップを行いたいかだけではなく、日本と海外のビジネススタイルの違い等、細かくオリエンテーションを実施します。
また、受け入れ前には必ず企業様とインターン生が面接を行い、双方の合意によってインターンが決定しますので、両者にとって納得のいくマッチングが可能となっています。

メリット④: フルタイム勤務(週40時間)
 参加者は、日本でプロフェッショナルとしての経験を求めているため、基本フルタイムでの勤務となります。(学生ビザの場合を除く)
その為、受け入れ企業様からは様々なタスクを与えることができ、インターン生も多様な業務経験をすることができます。

メリット⑤: 無給
 インターンシップは基本無給での受け入れとなります。
このプログラムをグローバル人材採用前の判断期間として活用される企業様もいらっしゃいます。
また、インターン生が優秀で、本採用いただいた企業様も多々あります。

日本人社員の海外派遣に加えて、日本の職場にもインターン生を受け入れて、会社にグローバルな環境を作るのはいかがでしょうか。

インターン生を受け入れて、会社にグローバルな風を!

ICCのInternship in Japanについての詳細はコチラから

インターン生を受け入れについてのお問い合わせはコチラから

日本人社員の海外派遣研修プログラムについてはコチラから

社内外にイノベーションを起こすリーダー育成(2週間海外研修)

Facebook にシェア
LINEで送る

2Weeks シアトルイノベーション研修  〜次世代リーダー育成〜」の第1期が10月2日に海外研修を終えました。

この研修は社内外にイノベーションを起こすリーダー育成のための海外研修です。
期間は2週間、場所は米国シアトル、異業種から集まる「他流試合」。
研修テーマはIoT(Internet of Things)。

研修のゴールは、「日本型思考から地球型思考にマインドセットし、グローバルへの目覚めに導くこと」。
まさに次世代に必要なリーダーを育成します。

第二週目に終えたことは・・・・

月曜日:
英語学校による課外授業で、シアトル郊外にあるLeavenworthへフィールドトリップ。シアトルの街以外のアメリカの様子を見られます。

kuroda14

 火曜日:

BMWがシアトルにてスタートしたカーシェアリングのStart up企業、Reach NOWを訪問。Seattle Market ManagerのH氏が対応。「なぜシアトルなのか?」「今後の展望は?」といった様々な質問に丁寧に答えていただき、見識をさらに広げました。

また夜はローカルが集まるBig Dataについての会合に参加し、武者修行。

ここでは、ローカルの方とのネットワークを広げるため、コミュニケーション力が問われます。実際に今回研修に参加したKさんは、この会合でシアトルに本社があるボーイングのエンジニアの方と人脈ができ、金曜日の課題発表会のオーディエンスとして招くことに成功。

水曜日&木曜日:

月〜金のルーティンである、ネイティブ講師とのマンツーマン英語を午前中に受講。金曜日のプレゼンに向けて、英語の指導を受けました。

午後は、グループ プレゼンテーションの課題について尾中氏のFollow up 指導を受けつつ、金曜日の課題発表に向けての仕上げの準備。一人ではなく、多様性あふれるメンバーとの共同作業のため、短い期間でチームをまとめ成果を出すためのリーダーシップ力が磨かれます。

金曜日:
とうとう最終課題発表の日。
チームAはIDカードと専用デバイスを使って、出退勤管理や仕事のスケジュール管理をすることで、もっと自由な勤務形態を実現するというアイデアを発表。

チームBは体に装着可能なデバイスを使って、予防的な健康管理を実現し、医療の仕組みそのものを変えようというアイデアを発表。

2週間という短い期間でまとめ上げないといけないという厳しい状況でしたが、それぞれのチーム共に素晴らしい内容でした。
 presentation7

研修を終えた受講者からは、こんな感想を頂きました。↓

「今回の研修で得たことは、海外で働く上での心構え新規立ち上げの際の考え方です。印象に残ったことは、尾中さんの講義の中にもあったグローバル人財として必要となる考え方についての部分です。」

「この研修全体を通して、シアトルの色々な面を見て、いろいろな企業を回りましたが、一番この研修に参加させて頂いて感じたことは、新しく物事を始めている方々の熱意やパワーでした。今後私が会社に戻り働く上で良い刺激を頂きました。」

「シアトルという街の風土や気質は今回の研修テーマの舞台として適当だと感じました。」

イノベーションを次々と生み出す米国シアトルに身を移す。
だからこそ体感できる考え方、地球型思考。

シアトルイノベーション研修は、今いる職場や日本という社会が、グローバル社会では当たり前ではない事もあると気がつき、社内外でイノベーションを起こせるようになるための最適な研修です。

シアトルイノベーション研修、第1週目の様子に関心がある方はこちらから。
http://houjin.iccworld.co.jp/blog/training/235.html

当研修は2017年春・秋にも開講予定。詳細の日時はこちらから。

http://houjin.iccworld.co.jp/gal/seattle/

ご質問はお電話(03-6434-1315)又はWebフォームよりお問い合わせください。
https://ssl.iccworld.jp/form/request/input/corporate/

地球型に思考をスイッチする2週間研修

Facebook にシェア
LINEで送る

2Weeks シアトルイノベーション研修が9月19日(月)からスタートしています。

社内外にイノベーションを起こすリーダー育成のための海外研修です。
期間は2週間、場所は米国シアトル、異業種から集まる「他流試合」。
研修テーマはIoT(Internet of Things)。

研修のゴールは、「日本型思考から地球型思考にマインドセットし、グローバルへの目覚めに導くこと」。
まさに次世代に必要なリーダーを育成します。

第一週目に終えたことは・・・

月曜日:
シアトルで今一番活気のあるSouth Lake Union をワシントン大学の学生Amandaさんと視察。このエリアは、Amazon が本社を構えており、周辺の土地をどんどん購入してAmazonがビルを建設しています。また、テスラもこのエリアにオフィスを構えていることを発見。さらに、Facebookのシアトルオフィスも視察。まさに第2のシリコンバレーのようなエリアをローカルの案内で巡りました。

火曜日:
デル極東進出を手がけた、ビジネス・コンサルタント尾中泰氏によるオープニング講義。
世界で戦える人材になるためには」
「イノベーションの街シアトルの今」
「IoT –Internet of Thingsとその事例」
「アメリカでの起業-スタートアップ」
などを盛り込んだ講義を受け、研修の最後に待ち受けるグループプレゼンテーションの課題について説明を受けました。

水曜日:
シアトルの起業家が集うCo-working Space を訪問。
ここでは様々なイベントが頻繁に開催され、新しいビジネス・アイデアと人脈を求め、様々な人が集います。今回は運営会社CEOのSeaton氏の案内で、IoT関連のStart upの経営者4名と会うことに。
シアトルのスピード感あふれるイノベーションとStart upの世界を体感できる機会になりました。

木曜日:
月〜金のルーティンである、ネイティブ講師とのマンツーマン英語を午前中に受講。
グローバルリーダーにふさわしい英語コミュニケーション力に磨きをかけます。
午後は異なるバックグランドより集まる研修生同士のプロジェクトワーク。自社の社員とは異なる、
多様性あふれるメンバーとどうコラボレーションしていくか、マネジメントスキルが要求されます。

金曜日:
Micorosoft 本社を訪問。ファシリテーター尾中氏と研修参加者たちの様子です。

microsoft

 

 

 

 

研修は、今週より第2週目に突入しています。

今週は、BMWがシアトルにてスタートしたカーシェアリングのStart upや、ローカルが集まるBig Dataに関する会合にも参加する予定。英語による研修生のプレゼンテーションも最後に行う予定です。

続きをご期待ください。

当研修は2017年春・秋にも開講予定。詳細の日時はこちらから。

http://houjin.iccworld.co.jp/gal/seattle/

ご質問はお電話(03-6434-1315)又はWebフォームよりお問い合わせください。

https://ssl.iccworld.jp/form/request/input/corporate/

2週間 シアトルイノベーション研修(次世代リーダー育成&他流試合)が始動します。

Facebook にシェア
LINEで送る

「短期間で、次世代リーダーを育成したい」&「グローバルのエッセンスを学ばせたい」といったクライアントのニーズから生まれた2週間「シアトルイノベーション研修」は、現地法人がシアトルにあるICCの強みを活かした独自開発プログラムです。

Onaka

こんな方にオススメ!

★デルの極東進出スタートアップ・メンバーから海外ビジネスでの成功の秘訣を知りたい
★変化し続ける社会に対応できる次世代リーダーを育成したい
★社内でイノベーションを起こせる人材を育成したい
★今いる社員を海外に通用するように育成したい
★社員をもっと一皮むけるきっかけを作りたい
★グローバル人材育成を強化したい

◆研修の目的 グローバルとイノベーションへの目覚めを促し、国内思考からグローバル思考にマインドセットする
◆研修時期
2016年9月18日(日)〜 10日2日(日)15日間
2017年5月21日(日)〜 6日4日(日)15日間(予定)
2017年9月17日(日)〜 10日1日(日)15日間(予定)
◆受講対象 グローバルへの目覚めが必要な、若手〜中堅のリーダー職及びリーダー候補

◆募集人数 最大9名(3名以上で催行)
◆滞在方法 現地家庭でのホームステイ(予定)
◆研修費用 794,000円(予定:研修費、滞在費含む。渡航費は別)

本年度9月プログラム募集締切は、8月19日(金)です。ご興味のある方は、ICCまで至急ご連絡ください。
また、来年度5月・9月のプログラムに関心がある方や、一先ず詳細を知りたいという方も気軽にご連絡を頂ければ幸いです。
お申込・お問合せ先:ICC国際交流委員会 法人研修事業部 齋藤・須永宛

E-mail: info@iccworld.co.jp  /  TEL: 03-6434-1315 (営業時間 10:00-18:30)

 

 

「海外研修プランの組立て方」基本セミナー in 大阪

Facebook にシェア
LINEで送る

「グローバル人材」という言葉をよく耳にしますが、海外経験豊富な人材の確保はもちろん、今いる人材を海外に通用するよう育成することが急務となっている企業様が増えており、弊社にも海外研修のお問い合わせが増えております。

15_0409_AYA_WA_275しかし、海外研修と一言でいっても、「ビジネス研修」「インターンシップ」「MBA取得」「語学研修」「海外企業訪問」等研修の種類も様々で、研修参加者のポジションや能力・英語力によってもプランの組み立て方は異なります。

そこで、このたびICC国際交流委員会では、効果的な海外研修プランを組み立てるためのポイントをご案内するセミナーを大阪で実施することになりました。

どのような研修が自社に、研修参加者に効果的な結果をもたらすことができるのか、経験豊富なコンサルタントが実際の導入事例をもとに基礎から詳しくご案内します。

 

こんな方にオススメ!

  • 初めて海外研修を実施しようと検討しているが、どのようなプロセスをふめば良いかわからない。
  • 海外研修実施のタイムラインや費用はどれ位見込めば良いか知りたい。
  • 現在実施している研修が効果的か疑問、実施している研修を見直したい。
  • グローバル人材育成の担当になったが、どのような研修が自社や研修参加者に向いているか知りたい。

 

【セミナー概要】

日時:2016年5月20日(金)15:00〜16:30 (90分)

会場:ラジオ大阪国際交流委員会

(大阪市港区弁天1-2-4 CRC200 2番街西館4階 ラジオ大阪内)

地図:      http://www.iccworld.co.jp/office/index.shtml#osaka

内容:①海外研修プランの組み立て方

②導入事例(ケーススタディ)

③研修プランのご紹介

④タイムスケジュール 計画〜実行まで

対象:法人海外研修・人材育成のご担当者様

参加費:無料

※恐れ入りますが、同業他社の方のご参加はご遠慮願います。

 

参加のお申し込みはコチラから↓

http://houjin.iccworld.co.jp/seminar/training-plan/

 

上記以外にも、出発前のマインドセットや海外研修を成功させる為のポイントが盛りだくさんの内容となっております。

 

ぜひ、奮ってご参加ください。

 

お問い合わせはこちらから